to top page


”Flows 810"というリップル・オリジナル・ロッドがあります。 しなやかで強靭、まさしく質実剛健。

素晴らしく完成度の高いロッドです。 

しかしながら、ディープ・ウェーディングやベイ・エリアで使用する際に『グリップの長さ』が気になりました。

『グリップを改良し、手に馴染みやすく・・・”Vonarm 73"と同じサイズ、形状にすること。
なおかつバランサー・ウェイトを仕込むことで、先重り感を軽減させること。』 

その結果、ロッド全体のウェイト・バランスが向上したことに加え、『リールとバット・ガイドの距離が約5cm長く』なりました。
このことで、より繊細にバット部分が曲がるようになりました。 キャスティングやリーリング時、いかなる場面においても、です。

もちろん、良いことばかりではありません。 ロッド総重量は約40g増となりましたし、大物とのファイト時においては、腕にかかる負担が大きくなります。

それでも、あえて”Flows 810 Harakoubou custom"。

”Vonarm 73”同様、万人受けするはずのないことを承知の上、カタチにしていただきました。

バット部分が曲がりやすくなったことで、ティップの操作がより楽に、繊細に行えます。 
小型プラグのキャスティングやロッド・アクションを加えることが、より楽しくなるロッドになりました。 

ロッド・レングスを生かしての”ライン・メンディング”はお手のものです。  ”Flow"とは、”流れ”を意味します。

ブランクの基本設計が素晴らしく、厳しい品質管理の元で製作される、リップル・ロッド。

例えばキャスティング時、タラシを長くとり、ゆったりと振りぬくことで2オンス・プラグの遠投が楽に行えます。 この際、ロッドに対する不安を覚えることが全くありません。 

もちろん、低弾道でピン・スポットを狙うキャスティングにおいては、順を追って素直に曲がるブランク特性のため、気持ちよくルアーを運んでくれます。

今では当たり前のように使われる、”高感度、高反発力”という言葉。  

『触ること』、『キャストしてみること』、『ルアーを思いのままに動かしてみること』・・・・・”違い”の大きさに驚かれる方が少なくありません。。







Flows  810 Harakoubou custom

製作元  Ripple Fisher

価格 6.2000円(税込み)  8ft 10in ツーピース  適合ライン  PE 0.6〜2号
キャスト・ウェイト 7g〜35g
ロッドウェイト 約190g  グリップ素材 硬質EVA (コルクグリップはカスタム仕様)

ロッド・ブランクのカラーリング変更や飾り巻き、グリップ素材変更等に関するカスタム価格は、
コチラでご確認ください。


左が”Flows 810 Harakoubou custom"
右がスタンダードな”Flows 810"

リール・フットから上部の長さが約10cm。
下部の長さが約30cm。
”Vonarm 73"と同じ仕様です。

イエロー・ブランク。

この文字入れ部分は、クリア処理となります。

マイクロ・ピッチ・テーピング。
アンサンド仕上げの場合、軽くサンディングした後に薄くクリア塗装を施しています。

”Flows 810
Harakoubou custom"

リール・シートを45度に保ち、1.25sをリフティング。

”Flows 810
Harakoubou custom"

リール・シートを45度に保ち、2.5sをリフティング。

ダイワ・ブランジーノ87LML アーバンサイド・カスタム
リール・シートを45度に保ち、1.25sをリフティング。

”Vonarm 69"
リール・シートを45度に保ち、1.25sをリフティング。

”Vonarm 69"
リール・シートを45度に保ち、2.5sをリフティング。

”Vonarm 73"
リール・シートを45度に保ち、1.25sをリフティング。

”Vonarm 73"
リール・シートを45度に保ち、2.5sをリフティング。

”Vonarm 73"
3.75sをリフティング。
グリップ全体も綺麗に曲がっています。