Hara meke 70 バルサ製 約5g フローティング スルー・ワイヤー径0.9mm  推奨フック ST−46 #8〜#10


この”メケメケ 70”は、ミラクルワークスの故増田氏がトラウト用に作り始めたものが原型だと思います。

トラウト用としてパッケージングされたものを、彼の自宅で度々目にすることがありました。 

ご存知の方はかなり少ないと思いますが、原工房長の私がミラクル・ワークスの下請け時代、最も数多く製作したのが”メケメケ 70”です。

本流域のアマゴやヤマメ等をターゲットにするアングラーにとって・・・・・もちろん、シーバス狙いにおいてもバルサ製ミノーであるが故の”リップ先端の脆さ”が短所となり、制作上もどかしいところでした。

”リップ全面を樹脂板で補強すること”によって初めて、理想の”メケメケのかたち”を得ることが出来たと信じます。

長年の責務、宿題をようやくこなすことができたように思います。


バルサ製プラグ特有のアクションを持ちます。
 

スロー・リトリーブ時は、水面直下をローリング&タイトなウォブリング。

ミディアムからファーストリトリーブ時、水面下約50cmまでをきっちりと泳ぎきります。

もちろん、ジャーク・ベイトです。 トゥイッチングやジャーキングにおけるヒラ打ち、ダート、スライド性能を備えます。

薄いボディがもたらす『シルエットの変化』がフィッシュ・イーターに対するアピール力を持つとともに、引き抵抗も軽やかです。

喰わせのキモはストップ・アクション。 きっちりとライン・スラッグを出すことで、ゆるやかに水面へ向かい上昇します。

トゥイッチ&ジャーク時における急激なレンジの変化は、フィッシュ・イーターが好まぬアクションだと考えます。

 
約1mm厚の樹脂板を貼り付け一体化補強をほどこしています。


上が”Meke S 70"

下が”Meke 70"です。
       
   

テイルの糸巻き補強
     
Hara Meke 70