to top page
ライン・コントロールについて (その一) 『ブレイク(駆け上がり)等を効率良く攻める方法』

ライン・コントロール方法について、その一部を書かせていただきます。  あくまでも私見であり、攻略法のひとつに過ぎないことをご理解ください。 

・手前側のシャローを捕食目的で回遊しているシーバスが相手だとすれば、最もバイトを得やすい状況のひとつでしょう。

・同様に、シーバスの付き場となる障害物等の場所を把握できていれば、これもまたバイトを得やすい状況でしょう。

・上記の状況に恵まれない場合、最も効率良く攻める方法のひとつが『ブレイクを攻める』ことだと思います。 『ブレイクの落ち込み部分』は流れも緩く、”楽に”居やすく、遡上するにも”楽”です。 これはあらゆる”落ち込み”にも共通していることでしょう。
 そして肝となるのが、シャロー側からベイト・フィッシュが流れ込んでくる、吸い寄せられる場所でもあります。 

”ライン捌き”、”ライン・コントロール”を駆使して広範囲に効率よく攻略する時に必要となるのが、『感度の良いロッド、ライン』です。 
時には150メートル以上離れた場所を狙うこともあるでしょう。 そこにあるルアーの動きが分からないようでは困ることが多々あります。 どんなルアーでもフローティング・タイプであれば”ノー・アクション”で流れている時の潜行深度はゼロですが、問題となるのは、”泳ぎ出す時、安定して泳いでいる時の潜行深度”、”流れが速く強い時、またはファースト・リトリーブ時のルアー・アクション”・・・・・等など、全てはラインを通じて得られる情報から判断する以外に術はないのではないでしょうか。

キツイ書き方かもしれませんが、『同じルアーを同じ場所で同じように泳がせてスレさせた』にもかかわらず、同じ事を繰り返す様では、『回遊待ち』、『事故狙い』と言われてもしかたがないかと思います。

ここで紹介するライン・コントロール方法の応用が、『あらゆる潮目の攻略』に役立つことが多々あると考えています。

@
斜線部分がシャロー。 赤い線がブレイク。 太い矢印が本流。小さい矢印が反転流のそれぞれだと思ってください。本流の流れはシャローよりも強く、速いことを前提に話を進めます。
A
ブレイクとほぼ直角にキャストした場合です。回収するルアーとブレイクに線状に居るシーバスが出会うのは、限りなく『点』にちかいものとなります。
B
もしもブレイクの上に立ちこむことができたら、効率良く攻め続けることが可能になるでしょう。
C
この角度でキャストすると・・・
D
・・・このように。 ラインをどれだけ、どのように水面につけるのか、流速の差は・・・。この課題(?)を上手くクリアできると・・・

浮力のあるPEラインとルアーが引っ張り合うことで、スロー・シンキング・タイプのルアーでも水面直下を流すことが可能になる場合があります。
E
延々と効率よく、ブレイクを攻めることが可能になります。アングラーの意思と技術により、”ノー・アクションで流すこと”、”ここぞと思う場所で泳がせること”、”ヒラ打ちさせること”、”スライド、ダートさせること”、”潜行深度をコントロールすること”等が可能になります。 
F
今まではとは全く逆のパターンです。対岸のシャロー域までキャストします。
G
すると・・・
H
この場合、本流の影響を最も受けるのは、ラインです。 
浮力のあるPEラインがルアーを引っ張ることで、スロー・シンキング・タイプのルアーでも水面直下を流すことが可能になる場合もあります。


I
これまた延々と・・・この場合もまた、ライン捌きとロッド・アクションにより”ノー・アクションで流すこと”、”ここぞと思う場所で泳がせること”、”ヒラ打ちさせること”、”スライド、ダートさせること”、”潜行深度をコントロールすること”等が可能になります。