to top page

原工房製のトップウォータープラグは水がらみの良さを身上としています。  水面を滑らせることで派手なスライドを演出するのは簡単ですが、でかい魚は年寄りです。   楽して獲物を捕ることを学んでいます。  スローなアクションに反応するプラグのほうが、バイト・チャンスを得やすいのではないでしょうか。   

基本的に3オンス以上のプラグでは頭部にカウンター・ウェイトを設置しています。   ロッド・アクションとライン・スラッグをコントロールできるアングラーにこそ、使っていただきたいプラグです。   

木造建築で使用される 『檜(ひのき)』 を使用しています。  一本ごとにシンク・テストし、ぎりぎりで垂直に浮くように鉛を選定。  基本はスローフローティングです。  

サルカンの仕込み方にも工夫が必要でしょう。  サルカンの強度表示は、直線的な引張りを前提にしています。  

フックや魚の歯による傷跡には、水洗いして乾燥後、アロンアルファ等をつけて下さい。  

『ビッグ・フィッシュ イズ ビッグ・ルアー』という定説は、一つの真実ではありますが、全てではないでしょう。  
数百キロのマグロが小さなイワシやエビなどを捕食していることもあります。   

故に、原工房製のペンシル&ポッパーに使用するワイヤーは、最低でも1.6mmのものを使用しています。  

大物とめぐりあうチャンスは何度もあるものではないでしょう。    そなえあればこそ、です。 

基本的に、ワン・メイクです。  ルアー名に続く数字がボディの長さをmmで表しています。  


 

ペンシル & ポッパー