アカメのランディング直前のエラ洗いシーン・・・・珍しい画像でしょう。  『Nagare fat 180』が口の左側についていたのに・・・。

ジャーク&ジャークでアピール後、デッド・スロー・リトリーブにて喰わせたそうである。  が、鵜呑みにしてはいけない。(笑)

ケタ違いの実績を持つ男達が口にする言葉をむやみに信じてはいけない。  まちがっても、『自分でもすぐに出来そう』などと思うのは、愚の骨頂である。

彼等は言葉をはるかに超えた感性を持ち、無意識のうちに魚との間合いや呼吸等を合わせられる生き物のような気がする。

それは『釣りが上手い』のひとことで表せるものでは、けっしてない。  目に見える技術的なことなど、所詮は人間の思い込みだ。

剣道の達人に通じるようなものを感じる。  一対一に強いのだ。  『敵を知り、己を・・・・・』の世界なのだろうか。