to top page

チューニングとリペアについて
アロンアルファを染み込ませます。  ワイヤーにも塗っておいたほうがいいです。  この後はパテ埋め。  2液混合型のものがヤセも少なく、使いやすいでしょう。  粘土タイプのエポキシパテは扱いやすく、お奨めです。  隙間にアロン・アルファを染み込ませると最高の強度が得られます。 

オリジナルなカラーリングを施すことで、より以上ルアーに対する愛着を持っていただけたら幸いです。   

リップの形状でルアーのアクションが変わります。  大きめ、長めに作っておいて、泳ぎを見ながら少しずつ削っていくのが良いでしょう。  

良く馴染ませます。  もちろん、ペンチなどを使うのがいいでしょう。

まずはアロンアルファを一滴。  少しずつ、です。

ステンレス・ワイヤーの代わりに、PEライン等を使用するのも良い方法です。  耐衝撃性はより強いものになります。 

 

ピン・ポイント・キャストが好きな方にお奨めです。  ここでは写真写りを考慮して太い糸を巻いていますが、実際には細いPEラインなどを巻きつけてアロンアルファを染み込ませることで、かなりの強度アップになります。  

差し込みます。 

リップが大きく欠けたら・・・

原工房の真骨頂はここにあります。  何故手間のかかりすぎる工法にこだわるのか。  

リペアが簡単だからこそ、です。   

セルロースセメントによるドブ付け仕上は、黄ばみを招き、表面硬度も得られません。 

ウレタン・フロア等による一液性ウレタンドブ付け仕上は、つけた回数だけ、膜ができます。  釣行毎にアロンアルファで補修しても、むなしい結果が待っています。  塗料、コーティング材が一体化できないことが要因です。

2液反応型アクリル・ウレタン仕上は、全ての割れ、欠け、ヒビ、穴にアロン・アルファが効きます。  このコーティング材と塗料までもが一体化しています。   

原工房オリジナルの目玉を、ボディの奥深くセットしています。  その隙間には、アロンアルファのみを充填しています。  ボディを壊さない限り、目玉が取れることはないでしょう。

原工房におけるリペアの詳細ページはコチラ。   

ここまで欠けたら、パテ埋め等での補修に不安が出るところでしょう。 どんなに硬い木材で作ってもこの部分の強度は出せません。  桐、檜、黒檀・・・・・・木材であるがゆえに、もろいものです。  

こんな感じですね。

アルミの針金(ここでは、0.9mmのもの)を適当な長さに切り、ルアーのお腹にあてて馴染ませます。 

瞬間接着剤  硬化促進剤  『スプレープライマー』
こちらはスプレー式なので使いやすいです。  ホームセンターなどで販売されています。  アルテコ社のものです。

瞬間接着剤  硬化促進剤  『aa セッター』 
これはアロンアルファを製造している東亜合成の純正品です。
液体なので使用の際は工夫が必要でしょう。

原工房では、エアーブラシで薄く吹き付けて使用しています。

針金を曲げます。  写真写りを考慮して太目のものを使用しています。

とりあえず、全ての補修にアロンアルファです。  原工房で使用しているコーティング剤(二液反応型アクリル・ウレタン)との相性が抜群で、完全に一体化します。  リップ等が大きく欠けた場合は、水洗いしたあと一晩吊るし、アロンアルファを染み込ませます。  充填したり盛り付ける場合は、硬化促進剤を使用しながら塗り重ねていくと、作業時間が短縮できます。  ちなみに原工房では、ボディの組み立てもアロンアルファで行っています。  

キリやドリル等で穴を開けます。 

               ライン・アイ・チューニング

ライン・アイの形を『ティア・ドロップ型』にしてあります。  上下に曲げやすいようにです。  上に曲げるとダート性が増し、潜行深度が深くなります。 下に曲げると水噛みが良く、スロー・リトリーブでの泳ぎが安定し、潜行深度が浅くなります。   特にメケメケ、アルバ、ドンク等のジャークベイトは、そのアクションが激変します。   激しく曲げて『ピキ!』となっても、アロン・アルファを一滴垂らすことで、強度の低下はありません。      

まずはサンド・ペーパーやヤスリでならします。